2014年度:正社員採用について

2014 年 1 月 12 日

アンゴングループでは、
正社員スタッフの応募を随時受け付けています。
心意気のある御方、お待ちしています。

尚、アルバイトスタッフの募集については、
各店舗に直接お問い合わせください。
お電話お待ちしています。
……………………………………………………..

我々は1998年、ベトナムに特化したレストラン:アンゴンをオープンし、
以降、南堀江、梅田に姉妹店をオープン、
これからもベトナムにこだわったお店創りを目指しています。

その仲間になりたいと思った御方のご応募お待ちしています。

飲食のお仕事はラクなお仕事ではないと思っている方は多いと思います。
色々なお客さんへの対応、世間が休日のときに働き、休みは少ない、
勤務時間が変則的で長い、etc、たしかにキビしい面はあります。

ですが、それに見合う「何か」を手に入れることもできるのが飲食業と思います。
「何か」とは人其々に異なる大切なものでしょう。
ある人は独立し自分のお店を持つこと、
ある人はたくさんの人とのつながりを創ることで
自分の目標・将来を手繰り寄せることが出来る人間になること、などなど、
千差万別のものだと思います。

飲食店のお仕事は、調理し、配膳し、接客してOKという訳ではありません。
当然のことですが、そのシンプルな3つの事項を万全に行うための様々な業務があります。
アルバイトスタッフの採用や教育、シフト作成、メニューの開発や作成、販売管理、
仕入れ・在庫の管理、企画の立案と実行、それに伴う企画書作成や準備、お店の売上管理と支出管理、
その他、書ききれないほどのお仕事(雑用?)があり、それらを全て完成させたうえではじめてお店が運営できます。

頭が痛いですね、やることが無限にあります。しかし全て大切なことです。

そして、そういった【見えない業務】というものが、お仕事の【基盤】です。どの分野の職種でも同じではないでしょうか。

ちなみに、アンゴングループから巣立って行ったスタッフたちは、どんどん独立しています。
大阪・奈良・京都・和歌山・長野・福岡・滋賀・はたまた中国の上海まで!
それだけのノウハウとチャンスが私たちの仕事の中に含まれているという証と言ってもよいのではないかと思います。

もちろん、【それだけ努力した結果】【我々のお店に充分な貢献をしたのちに】、というのが大前提ですが。

そう、キビしいからこそ、得られるものは大きく、かけがえのないものになるはずです。
そして、そうなるように自分を奮い立たせるものがお仕事であると言いきってしまいたいと思います。

■お仕事の内容
………………………………………………………

①フロアスタッフ:ホール・ドリンク・デザート担当(店長候補)

簡単に言うと、飲食店の表舞台:お客様と直接・直結するポジションです。
自分がどのようにホールワークを行うか、それによってお客様がどのような反応をするのか、
目の前の全てが貴方の業務です。最前線ですね。

最前線に居ますと、「おいしい」「ありがとう」などのお客様の反応を体感できます。
そしてその為に接客手法やホールオペレーションを考えたり、アルバイトスタッフをどのように教育するとレベルが上がるのかなどを考え、
その成長を見守り、実感し、お店というチームを作り上げる。
こんなに楽しい仕事は他にないと思うのですが私だけでしょうか?

もちろん、お客さまからのクレームも受けます。その原因が何であるかを突き止め、改善させていく努力も必要です。
シビアな話ですと、お店の業績が思うように上がらないときだってあります。
そのとき、どれだけの苦悩と努力が必要かと思うと夜も寝られないことだってあります。
しかし、その苦しさが人を成長させるものと思います。
業務と言うよりは精神論になっているかもしれません。話を戻します。

ホール業務の他、デザートの仕込み、ドリンクのオーダーも業務のひとつです。
ベトナムの飲み物や甘味ものは、バーテンダー、パティシエという言葉で表すには大げさな内容がほどんとなので、
比較的短期間での習得が可能です。

②キッチンスタッフ(料理長候補)

ベトナム料理店の調理担当です。私たちが提供している料理はちょっと普通ではありません。
多くの方が「ラウチュア」「フーティユ」と聞いても、料理なのか何なのか分からないと思います。
逆に、「カルボナーラ」「マルゲリータ」と聞けば、なんとなくでもわかると思いますが、私たちのお店で働く際、
しょっぱなから苦労する事が【料理の内容を覚える】というところからのスタートであることです。
これはフロアスタッフ含め、全てのスタッフに関わることなのですが、誤解を恐れずに言うと、
過去の調理経験はたいしたアドバンテージになりません。
経験があって役に立つことは、千切りが早い!とか衛生管理の基本!くらいじゃないでしょうか。
この点が私たちのお店の厨房の辛いところであり、楽しいところでもあります。

そして、アンゴングループには、現地の百戦錬磨のベトナム人コックが在籍しています。現地の味を目の前で体験できます。
調理人として、本場の味を学べる場がそこにある、ということはこの上なく恵まれた環境ではないでしょうか。

もちろん、調理だけしていればOKという訳ではありません。
これも誤解を恐れずに言わせて頂くと、飲食店としての最大の目的は【お客様に満足して頂く】ことであり、
【料理が美味しい】ということは大事なことに違いはありませんが、【お客様の満足】という結果を構成する多くの要素の中のただひとつであるからです。

調理が出来る、だけでは私たちの仕事は務まりません。
あくまでも作業員ではなく、お客様への従事を意識した経営感覚を持って調理の業務に就くことを私たちは求めています。

どんなに美味しい料理でも、
提供するまでに、ながーい時間がかかったり、
提供するタイミングを間違えてしまったりすると、
満足という結果に到達できないかもしれません。
お客様はいろんな方が居ますので、
「食べたい時が美味い時!」という意見や「先にご飯ものが食べたい」など、
要望は様々で、それに対応することも必要です。

そしてその為にはフロアスタッフとの連係プレーが必要になります。
そう、お店のチームとしての連係プレー=コミュニケーション能力が必要です。
フロアで起きることは厨房がフォローし、厨房で起きることはフロアでフォローする、そういう連係プレー、
そして、「店舗全体を視る」という広い視野が必要です。
…………………………………………………….

固いお話もありましたが、現在の私たちは先にあげた飲食業のお仕事が完璧にできているかというと、そうではありません。いまだにいつまでたっても失敗の連続です。ですが、お客様から頂く言葉、同僚からの意見、それらを糧として日々の運営を続けていくことがいちばん大事なことです。

ながいながい文章で読みにくい記事となってまいりました。
もし、このような職場にご興味のあるおかたがいらっしゃいましたら、
いつでもご質問お受け致します。

■社員採用窓口

南堀江チャオルア 06-6537-6789
採用担当までにご連絡ください。
不在の場合は折り返しご連絡致します。

メールでのお問い合わせ先
noda@anngon.com
………………………………………………………

■給与:月給20万円~+各種手当(研修3ヶ月ほど有り)
■待遇:役職手当、業績手当、残業手当、イベント手当、
   交通費支給、雇用保険、健康保健(採用研修過程終了後に加入)
■勤務時間:10:00~23:30(各店舗の勤務シフトに準ずる)
■勤務地 下記3店のうちいずれかに配属
    ①大阪市中央区南船場4-11-24-2F
    ②大阪市西区南堀江1-14-1
    ③大阪市北区角田町2-15 B1
    *店舗間での移動有り
■休日・休暇:週休2日制(月7~8日)、有給休暇、慶弔休暇
…………………………………………………….

2014年明けましておめでとうございます。

2014 年 1 月 2 日

旧年中は格別のお引き立てを賜り
厚く御礼申し上げます

本年も相変わらずご愛願のほど
宜しくお願い申し上げます。

2014年営業
南船場アンゴン:1月3日より
南堀江チャオルア:1月2日より
梅田ビアホイ:1月2日より

姉妹店へのホームページリンク

2013 年 5 月 10 日

アンゴングループのホームページをご覧いただきありがとうございます。
こちらのページはグループメインのホームページです。

実店舗のアンゴン・チャオルア・ビアホイ、
各店舗の情報は、下記のリンクからご確認下さい。

■南船場:ベトナムカフェレストラン アンゴン
http://www.anngon.com/anngon/

■南堀江:ベトナム食堂 チャオルア
http://www.anngon.com/chaolua/

■梅田:ベトナム酒場 ビアホイ
http://www.anngon.com/biahoi/

ベトナムの風景:いつものアイス屋おじさん編

2010 年 5 月 20 日

*音が出ます。

ice shop music from an ngon on Vimeo.

 
人が集まるところに何処からともなく登場するアイス屋おじさん。
一度聞くとしばらく耳に残るこの音楽に、懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。

ベトナムの風景:ご飯のお会計編

2010 年 5 月 19 日

*音が出ます。

kaikei from an ngon on Vimeo.


注文後に「お会計お願いしまーす。」という会話です。
雑踏の音を聞いていると、行きかうオートバイの風景がよみがえります。